2019/11/8 金曜日

私の元気の源 ラドン泉

鳥取県三朝市の三朝温泉(みささおんせん)に
行ってきました。

大阪から車で4時間余り。

三朝温泉発祥の地とされる「株湯」は、
別名「元湯」とも呼ばれています。

伝説によれば、開湯は平安時代末期の1163年。
源頼朝・義経の父にあたる源義朝の家臣であった
大久保左馬之祐(さまのすけ)が源氏の再興を祈願しに
三徳山三佛寺に赴いた折に、命を救った白狼が夢枕に立ち、
楠の老木から湯が湧き出ていることを教えたといいます。

足湯の前には、その伝説を伝える像があります。





この株湯から湧き出ている飲泉水(各旅館でも
出ているので飲める)を汲んで帰ることができます。

遠方から車でこのお湯を汲みに来ている方も多いです。

私たちも三朝温泉に来たときには20リットル汲み持ち帰り、
飲み水やお茶、炊飯に使います。
なんともまろやかで、これだけでも健康になった気がします。






株湯の源泉は51度と高めで、効能を引き出すため、
水で薄めていないとのこと。

そのため、浴室にはラドンが高度に含まれた蒸気が充満しており、
温泉に浸かって暖まり、蒸気を吸って免疫力や自然治癒力を高める
「ホルミシス効果」を十分に得ることができるといいます。

泉質は含放射能-ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉、
液性はpH7.2の弱酸性、もちろん源泉かけ流しです。


「ホルミシス効果」
三朝のお湯は、高濃度のラドンを含む世界屈指の放射能泉です。

ラドンとは、ラジウムが分解されて生じる弱い放射線のこと。
体に浴びると新陳代謝が活発になり、免疫力や
自然治癒力が高まるいわれています。
これが『ホルミシス効果』です。

旅館にはラジウム蒸気風呂があり、
このホルミシス効果を存分に味わえます。
もちろんお湯に浸かるだけでも十分ですよ。

三朝(みささ)とは温泉に2泊して3日目の朝に健康になる
といういわれだそうです。

私は年に数回で1泊ですが、ここに来ると免疫力が上がり
健康になった気がしますというか、なります!(笑)


次回も楽しみです・・・



                          大阪梅田店  古谷

Copyright© 1994-2019 ビューティサポー株式会社 All rights reserved.
掲載の情報、画像などすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。