2010/2/24 水曜日

東大合格への条件

教育関連についての情報は本当に沢山有ります。
○○式、○○式などメディアでも紹介され、何がいいのか迷ってしまいます。 
どの方法でも、ベースとなるのが生活習慣だと思います。
昨年、学校で配布されたパンフレットから一部、抜粋してみました。
ぜひ、参考になさってください。

************************************

広島市PTA協議会発行 2009年 春号 食育のススメより抜粋

  東大合格への条件(東京大学に入る子どもたちを調査してわかった事)

  〔東京大学に入る子どもたち〕

 ① 朝ごはんをしっかり食べる

 ② 排便する

 ③ 遅刻は絶対しない

 ④ 学校での体育の授業は思いっきり体を動かし、
    部活をやっている子どもたちが圧倒的に多い

 ⑤ 勉強時間は2時間が限度。
    4時間も5時間もやっている子どもは勉強できません。
    2時間が一番良いんです
 
 ⑥ 就寝前に風呂(湯船)にしっかりはいる(シャワーではだめです)

 ⑦ 中高生は11時から12時には寝る(小学生はもっと早く)
    睡眠時間は7時間から8時間しっかり確保する

*************************************

  「早寝・早起き・朝ごはん」が、脳をよくするのだそうです。
  寝ている間に出ているホルモン「メラトニン」 
  朝日を浴びると出てくる「セロトニン」
  この2つのホルモンを脳にリズムよく送り込むには
  生活習慣が不可欠だそうです。

  「早寝・早起き・朝ごはん・テレビを消して外遊び・お手伝いをして・読書する」  
  このことは私たちが思っている以上に、子育てにおいて重要だということらしいです。

  うちの子供は小学3年生。①~⑦までの項目をチェックしてみると…
  部活は今はしていないので、④の部活をすれば、東大に入れる可能性大
  という事になります…!?めざせ東大!!
  子育て中の方、ぜひ参考になさってください。
  子供にいいことは大人にもいいはず… 大人の項目としては…
  
  飲みすぎ・食べすぎに注意しストレスをためないなどが加わるのでしょうね?
  
                                広島店 美容アドバイザー 坂戸 

Copyright© 1994-2020 ビューティサポー株式会社 All rights reserved.
掲載の情報、画像などすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。