2010/4/23 金曜日

ひめゆりの塔

先日、弟のいる沖縄へ行ってきました。

私たちの世代は沖縄と言えば、
美しい海や空、美しい自然やおいしい料理を
まずは思い浮かべるかもしれません。

もちろん沖縄では海や自然を楽しみました。

ただ、美しい風景の中に
悲しい過去があることも知らなければと思い、
「ひめゆりの塔 平和記念資料館」に行ってきました。

http://www.himeyuri.or.jp/

こちらについての紹介は
私のつたない言葉では表現することができない
というのが正直なところです。

あまりに悲しい現実を目の当たりにして
言葉を失いました。こんなにも美しい場所で
夢と希望に満ちていた若者たちの命が
戦争で失われていった場所・・・。

どれだけ辛く・悲しかったのか
私には想像をすることすら出来ません。。
ただただ、胸が締め付けられました。

戦後の世界で育った私たちは、
本当に幸せだと思います。
だからこそ、この幸せに甘んじることなく、
こういった事実を知り、学び、伝える義務がある
と改めて思いました。

最後に、「ひめゆりの塔」をテーマとした作品は
いくつかありますが、いずれも一部脚色されていて、
事実を正確に伝えているものではないということに驚きました。

そんな中で、2007年に公開された
ドキュメンタリー映画「ひめゆり」では、
生存者の証言映像を基に構成され、
また生存者による監修がなされている事から、
他の映画作品とは趣を異にしているそうです。

ネットオフィス 山中

Copyright© 1994-2020 ビューティサポー株式会社 All rights reserved.
掲載の情報、画像などすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。