2008/4/2 水曜日

22年前の高橋 八重子とお客様

こんにちは、東京店の和田美代子です。
皆様は高橋八重子に会ったことがございますか?
今回は、私だけが知っている入社当時22年前の高橋 八重子とお客様の話をしましょう。

22年前、高橋は55歳でした。今でも元気ですがその頃はバリバリです!
私自身、“洗い続ける素肌美容法”で吹出物が良くなり、すっきりした肌になったことで
「これは本物!この会社で仕事がしたい!」と思い、押しかけるように高橋に頼み、
高橋から、「わたしのやり方についてこれるのなら入社しなさい。」と言われ、覚悟を決めて入社しました。皆様ご存知と思いますが、東京より先に広島で美容法は広がりました。
そのため私は2ヶ月間広島で研修を受けました。

その2ヶ月間に見たこと、聞いたことです…
吹出物で悩むお客様がいらっしゃいました。高橋は吹出物が出ている方には
メイクはさせません。サラサラのパウダーのみで過ごすよう伝えます。
しかし、その後お客様はスタッフに「パウダーでは物足りないのでコンパクトに替えてほしい。」と話していたところを高橋に見つかりました。
「綺麗になりたいんでしょう?それなら私のアドバイス通りにしなさい!」とお客様は、
ちょっと叱られてしまいました。
スタッフが代わりに、お客様へ「ごめんなさいね。」と伝えると、再び高橋は「ごめんなさいではないのよ。綺麗にするのを遅らせることのほうが罪深いでしょう!」と、今度はそのスタッフを叱りました。ハッキリいってドキドキものでした…。
そうしてお客様はパウダーをお持ちになったのです。

私の研修が終わるまでにそのお客様が来店されました。
私自身も綺麗になった体験を持っていましたが、その方がとても綺麗になっているので
驚きました。その時高橋は、「私の言うことをきいてくれてありがとう!綺麗になってよかったですね。パウダーにして良かったでしょう。」とにっこり笑顔でその方に話しました。
お客様は「ハイ!ありがとうございます!」と本当に嬉しそうでした。
このようなやりとりが毎日行なわれていました。

私が東京の新人と分かると、ご来店されるお客様の中にはカウンターでご自身の
体験を話して私に教えて下さる方も沢山いらっしゃいました。
シミが解消された方・吹出物が酷かったが綺麗になった方・肌が弱くて何も付けられなかったがお手入れできるようになった方等々、皆様、辛い状態を乗り越えて綺麗な肌を取り戻していますから、自信たっぷりに私に教えて下さいます。
私には無い体験をそこで学び、東京に戻ってからとても役立ちました。

熱い高橋と、高橋の言う通りを実践して“健康で美しい素肌”となったお客様の喜びが
ビューティサポーです。

高橋は私達スタッフには、向上すると思いっきり誉めてくれます。
たるんでいると思いっきり(本当に怖いデス)叱ります。
そして、失敗して落ち込んでいると優しくアドバイスしてくます。
辛いことに一緒に泣いてくれます。
高橋 八重子とはこういう人なんです♪

東京日本橋店  和田 

Copyright© 1994-2020 ビューティサポー株式会社 All rights reserved.
掲載の情報、画像などすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。