2010/7/23 金曜日

歌舞伎鑑賞教室

歌舞伎の新古演劇十種の内
「身替座禅(みがわりざぜん)」へ行ってきました☆

あらずじは・・・
京に住む山蔭右京が、以前酌をしてもらった白拍子の花子に
会いに行きたいがために奥方に「1~2年くらいお寺参りにきたい。」と
いってみるが、許してもらえず一晩持仏堂で座禅をすることになります。
「絶対に座禅をしているところに来てはいけない。」と念をおして
座禅を組むが家来を身代わりに座禅をさせて、
右京は早々に花子に会いに行ってしまう。

そこへ、奥方がやってきて座禅をしているのが家来とわかってしまい・・・
という内容です。

初めの1時間くらいは、「中村壱太郎さん」「中村隼人さん」のお二人が
舞台に立って、スクリーンを使いながら歌舞伎の由来、成り立ちや
舞台装置、仕掛け、役者が登場・退場する花道などを解説してくれた他、
何と!何と!中村隼人さんの楽屋へカメラがお邪魔して
メイクの風景まで見せてくれたのには、大変感激しました(^○^)

普段、なかなか見られない裏側をわかりやすく丁寧に解説
してくれたお陰で、その後に公演された歌舞伎も
興味深く見ることができました。そして、なんといっても
普段の姿もステキでいたが着物姿のお二人もステキでした~。

次回は、オペラグラスを必ず持って行こうと思います♪

                       オンラインショップ 八田

Copyright© 1994-2020 ビューティサポー株式会社 All rights reserved.
掲載の情報、画像などすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。