2008/12/24 水曜日

クリスマス

クリスマスですね~。
家にクリスマス関連の絵本が五冊ありましたので、
今回は絵本の紹介をします。

☆ちいさな ろば   ルース・エインワース 作  
 石井 桃子 訳   酒井 信義 画
  
ひとりぼっちのロバの所に、サンタクロースがやってきました。
怪我をしたトナカイのかわりにそりひきの手伝いをして、
そのお礼にサンタクロースから、友達をプレゼントされ、
楽しくクリスマスを迎えたという話。 
今年の4月に101歳でなくなった、石井桃子さんの訳。
言葉が綺麗です。


☆ちいさな もみのき  マーガレット・ワイズ・ブラウン 作  
 バーバラ・クーニー 絵  かみじょう ゆみこ 訳

ちいさなもみの木と男の子の成長・それぞれの気持ちが
おだやかにかかれています。
絵もほのぼのとしています。


☆やかまし村のクリスマス  アストリッド・リンドグレーン 作
 イロン・ヴィークランド 絵  おざき よし 訳

やかまし村の7人の子供たちが、大好きなクリスマスを
楽しみにしている様子やどんなに楽しいクリスマスだったかが、
あざやかな色づかいの絵と文章でかかれています。


☆くろうま ブランキー  伊東 三郎 再話   
  堀内 誠一 画

フランダースの犬の、馬バージョンの話。 
ちょっと悲しいです…。


☆クリスマスのものがたり  フェリクス・ホフマン 作  
  しょうの こうきち 訳

クリスマスって何?かが、きちんとかいてあります。
絵も文章も、子供に媚びてなく、大人も楽しめる本です。


どの本に興味を持たれましたか?
たまには、大人も絵本をひらいてみませんか?

                           広島店 坂戸 

Copyright© 1994-2020 ビューティサポー株式会社 All rights reserved.
掲載の情報、画像などすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。