2013/4/19 金曜日

日本語への感謝とともに

先日、友人の結婚式参列のためバリに行ってきました。

初めてのバリで、まず最初に驚いたのは
日本人が多く訪れる国ということもあり、
日本語をしゃべれる現地の方がとても多いことでした。

少し高級なホテルに宿泊すれば、
日本語スタッフがいないという事の方が稀なため、
英語ができなくてもまず困らないでしょう。

そんな環境の中で、
日本人は改めて恵まれていると気付かされた一言が
離島へ連れていってくれたガイドさんの一言でした。


「日本人がうらやましい。
 ほとんどの国で日本語で話しかけてくれる人たちがいる。
 僕が日本に行った時、インドネシア語で話しかけてくれる人は
 一人もいなかった。」


この一言が胸に刺さりました。。

本当にそのとおりです。


訪れる国にもよるかと思いますが、
多少の英語ができれば、日本語を話せるスタッフや人が必ずいるため、
海外旅行程度であれば言語で困ることはほとんどないと思います。
(日本語メニューが置いてあるお店も多いですし)

日本が豊かであるが故の環境に感謝するとともに
この現実に甘んじることなく、
他国の言語を学びたいと改めて感じた瞬間でした。

もし、今回お世話になったガイドの方が日本にきた際には
第一声はインドネシア語でお迎えしたいと思っています。

__
















              ネットオフィス 山中

Copyright© 1994-2017 ビューティサポー株式会社 All rights reserved.
掲載の情報、画像などすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。