2013/10/4 金曜日

心が洗われる音色

先日、とあるご縁から会食の場で
「東京交響楽団」のヴィオラ奏者の方の生演奏を
聞かせていただけるという機会がありました。

「心が洗われる音色」という言葉がふさわしい演奏で
しばし時が過ぎるのを忘れてしまうほどでした。

これだけのすばらしい音色を奏でるには、
尋常ではない努力と時間を費やされたのだろうと思いましたが、
3歳の頃から1日たりとも楽器にさわらない日はなかったそうです。

__
















写真はヴィオラ奏者の方が所有しているヴィオラを
撮らせていただいました。

1746年のモノだそうで、とても美しい木の艶感があり、
ため息がでるほどのすばらしい曲線でした。
こんなにも美しい曲線を作り出せる技術のすばらしさにも
改めて感動してしまいました。

ヴィオラの中には表板と裏板を直接つなげる唯一の棒である
「魂柱(たまばしら・こんちゅう)」があり、
魂柱により音が裏板まで振動し、
楽器全体に音が響くようになるのだそうです。
まさにその名の通り、楽器に「魂柱」があることにも感動しました。

また、人との出会い、人との相性があるように
楽器も「出会い」と「相性」があるとの事で
こちらの楽器とは運命の出会いだったそうです。

色々なお話を伺い、久しぶりにオーケストラの演奏を
聴きに行きたいと思いました。

■東京交響楽団 TOKYO SYMPHONY ORCHESTRA
http://tokyosymphony.jp/pc/top


                    ネットオフィス 山中

Copyright© 1994-2020 ビューティサポー株式会社 All rights reserved.
掲載の情報、画像などすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。