2016/5/6 金曜日

「国芳イズム-歌川国芳とその系脈」展

「国芳イズム-歌川国芳とその系脈」展を
練馬美術館へ鑑賞にし行ってきました。

ご存知の方も多いと思いますが、
葛飾北斎、歌川広重と並ぶ
江戸時代の代表的な浮世絵師 歌川国芳。

現代でも古さを感じさせない斬新なデザインと、
迫力のある作風にいつまでも見入ってしまいました。

また、無類の猫好きでといわれており、
今にも動き出しそうなくらい、猫の仕草がリアルに描かれていて、
愛らしい作品も多く見受けられました。

IMG_9882













チケットのデザインになっている
『六様性国芳自慢 先負』 文覚上人(僧)の作品では、
滝の撥ねる勢いに気迫を感じつつも
思わず「痛そう!」と言ってしまいそうになりました。


IMG_1006
















機会がありましたら是非、ご覧になってみてください。

オンラインショップ 八田

Copyright© 1994-2018 ビューティサポー株式会社 All rights reserved.
掲載の情報、画像などすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。