2016/6/24 金曜日

お詫びの品ナンバーワン!?

お詫びの品として人気の高い、「新星堂」さんの
『切腹最中』をいただきました♪

この「新星堂」さんがある新橋は「殿中でござる!」で有名な
のちに「忠臣蔵」となる、浅野内匠頭が切腹をした、
奥州一関藩・田村右京太夫のお屋敷があった場所にあるそうです。

3代目店主が「新橋ならではのお菓子を作りたい!」
という想いを試行錯誤しながら実現したお菓子だそうです。

IMG_0219
















貝型の皮はパリパリ、サクサク感と、皮からはみ出しているタップリの餡は、
滑らかでほどよ~い甘さがクセになります。
また、中の求肥のモチモチ感もたまりません♪

ネーミングもインパクトがありますが、
最中も美味しく、ボリューム満点のおすすめの逸品です。

オンラインショップ 八田

Copyright© 1994-2017 ビューティサポー株式会社 All rights reserved.
掲載の情報、画像などすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。