2016/10/18 火曜日

備えあれば憂いなし!

台風や地震などのときに高まる防災意識ですが、
数日経って日常の生活に戻ると、次第に薄れてしまいます。

今度こそしよう!と思いつつ、後回しになってしまう防災グッズの準備。
皆様はいざという時の為の備えは万全でしょうか?

これはあると役に立つというもののチェックリスト。
下記を参考にしていただければ幸いです。

・飲料水(3リットル×家族の人数×3日分)
・軍手(表面がゴムで補強されているもの)
・ガムテープ
・台所用ラップ
・懐中電灯(両手をつかえるようにする為に、
 口にくわえられるサイズもあると便利)
・非常食(インスタント食品、クラッカーなど。家族の人数×3日分)
・乾電池、携帯電話の予備電池
・ラジオ
・ろうそく
・筆記用具(鉛筆など)、メモ紙、太いマジック
・救急キット(消毒薬・絆創膏・包帯・常備薬など)
・はさみ(包帯など切るなどの応急処置用)
・ライター、マッチ
・ウェットティッシュ、ティッシュ
・タオル
・石鹸
・歯ブラシ
・マスク
・生理用品
・オムツ(大人用・子供用)
・大型ビニール袋
・簡易トイレや、携帯トイレ
・古新聞紙(防寒にも役立ちます)
・着替え
・現金(小銭も用意)
・スリッパ、スニーカー
・その他、家族の生活習慣により必要と思われるもの。
ガスコンロや、ペンチやかなづちなどの工具、非常用飲料水袋、
20リットルポリタンク等もあると便利だそうです。

今現在、私達家族では自然災害が起こった時の集合場所については、
話し合って決めてありますが、防災グッズにはまだ手をつけていない状態です。

台風や地震、最近では竜巻が起こる事も以前より耳にしますので、
今回こそはできるだけ早く、防災グッズの準備に取り掛かろうと思っています。

私の場合は、まず、転んだりせずに避難できる
体力もつけておかなければ・・・と思っています(笑)

東広島店  牧野

Copyright© 1994-2018 ビューティサポー株式会社 All rights reserved.
掲載の情報、画像などすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。